△最近の日記をみる   △過去の日記をみる   △日記検索   ▲TOP


06/27/2022 月曜日
・・・・・手が・・・手首と腕がぁぁぁ〜〜〜痛すぎて物が掴めない。

タイのヨガにやられました。
手のポーズがタイ舞踊と同じで、肘を真下に掌は上に、手首は直角に指は真っ直ぐ伸ばす。(指が真っ直ぐに伸びな〜い)

をやったせいです。

大体手首も指も内側に動かす方が得意。(つーか外に向かって動かない部位)
それを手首を直角にして掌を上にするポーズは普段使わない筋肉を使います。

手首・手の甲まで筋肉痛!(こんなとこにも筋肉あったんかー!)

「先生!助けてー」と接骨院に行きました。
床に手を突いて、その時指は自分側。指を真っ直ぐにするように手首と指のストレッチを教わりました。このストレッチ、中高年女性の手の動きに良いので、普段からやってくださいと言われました。

帰宅して洗濯・掃除。梅雨明けしたんだって!信じられない!
夜、バレエレッスン。

06/26/2022 日曜日
夕方、理華ちゃん・バンビ兄さんがチビ猫達を見に来ました。

前回は仔猫がうちに来て1週間目の5月28日に来てくれました。
生後23日目のチビチビはまだ赤ちゃんで、目の感染症で目薬生活。

タマちゃんを抱っこして手際よく目薬をさしてくれた理華ちゃん。

あれから約1ヶ月。
育たないかもしれないと私を心配と不安のドツボに落としたタマちゃんは・・・・・暴れん坊な男の子に成長しました。
お姉ちゃんとのレスリングに勝つようにもなりました。

あれだけあった激しい体格差が、ほぼほぼ同じ大きさに。

西田屋長男夫婦とチビニャンと西田屋次男夫婦。

カルトな料理本「モダニスト・キュイジーヌ 現代料理のすべて」という本を中心に猫と食材の話で盛り上がりました。
(西田屋さん、低温調理オジサン。バンビ兄さん、BBQオジサン。)

楽しい時間でした。

昨日の体育館での「ルーシーダットン」で私は肩と腕と手首の筋肉痛。

06/25/2022 土曜日
すーさんが体育館&銭湯に行きたいと言うので付き合いました。

夕方4:30分からのスタジオプログラム「ルーシーダットン」に初参加。
ルーシーが仙人、ダットンが整えるという意味のタイのヨガなんだって!
でも呼吸法がストレッチやヨガと真逆〜〜。吸ってるときに伸ばすに悪戦苦闘しました。

その後、近所の銭湯「アクアセゾン」。温泉銭湯です。超軟水のヌルヌル系。

その後、うちですーさんが仔猫と遊んで。すーさんは8時に帰って行きました。

タマちゃんの成長ぶりに驚いてた!
毎日見てるアタシも驚いています。金玉がちゃんとタマタマっぽくなってきました・・・・・金玉のタマちゃん。

昨日、今日とドタバタでしたー。

06/24/2022 金曜日
午前11時・新宿のバレエショップにてバレエシューズ3足、トウシューズ1足購入して千葉に向かいました。

2時・千葉駅で高校時代からの友人ミルミルちゃんとお茶。
お互いの近況報告。私よりミルミルのほうが色々動きがありました。

4時・カジーと群馬から来たポリさんと合流。ミルミル退場。

ポリさんは群馬・伊勢崎市で最近ライブハウスを始めました。
(2年前に開店していたんですがコロナ禍でほぼ休業)

ライブハウスを開店させたは良いケド・・・他のお店のことや出演ミュージシャンの事を何も知らない〜〜〜と。

今回、勉強&営業活動で千葉のライブハウス「モータウンクラブ」に。

私はポリさんと随分会ってないので、(せっかく群馬から来るなら私も顔出すね〜。千葉のライブハウスを知らないし)で行きました。

伊勢崎からも遠いが。板橋からも遠かったよ・・・・。
いやいや、遠いとか言っちゃダメだー!だってミルミルは何かと千葉からうちに来てくれるんだから。

今夜の出演ミュージシャン
モンキー村上さん 凄いテクニックを持ったブルーズメンでした。
Mooneyさん 71歳のジャズメン。ジャンルを問わずの何でも屋さん。

時間の都合で途中退出しましたが、生音聞けて楽しかった。
お店の雰囲気も良かった。(住宅街の中にあった)

11時・帰宅。小さな旅気分の1日でした。

06/23/2022 木曜日
ヒメちゃん、冒険期突入。

本日、廊下を開放したら、そのままトコトコと階段を上って3階に。
3階でリモートワーク中の西田屋さんがヒメちゃんを抱えて持ってきました。

ヒメちゃん、2階・お風呂場も探検。

柵登りができるようになってしまったヒメちゃん。
脱走しまくりです。

3階で炊事をしていると、2階からウルルの声!
「チビ出たよー。そっち行ったよー」。
慌てて2階に下りようとしたら、階段を登ってくるヒメと遭遇。その後ろからウルちゃん。

ヒメを2階にしまって、ウルルを褒めました。
「ウルルちゃん、凄い!よく教えてくれたね〜。賢いね〜。アンタもチビチビ達の面倒をみてたんだね〜。発する声が間違ってるケド。(ウウ〜・シャーとか言いがち)

コミュ症猫・ウルルはたぶん、チビチビ達が好きです。一緒に遊びたいと思っています。

それは、チビチビ達にも通じているので。
チビチビ達は2匹でウルルの尻の穴の臭いを嗅ぎに行きます。

(・・・・・アンタ、チビ達に肛門嗅がれてるよ。いいの?それ。許すの?)

許すも何もコイツら、アタシを追い回すんですケド〜〜〜「シャアァァー」。

ウルルがどんなに怖い顔をしても、シャーシャーしても。
「大きいヒト、怖くな〜い」とチビ達。

チビ達に侮られてます。舐められてます。ウルちゃん。
(犬社会だったら負け犬だよう〜)

ウルちゃんが仲良くする仕方さえわかれば、めちゃ仲良くなれそうなんですが・・・・・どーなるんだろ?
チビ達はウルルの事が好きみたいなので、私はそんなに心配してない。
ウルルも嫌いだったら見守りしないと思うから。(気になるらしく、べったり張り付いて見張ってるんですよ、ウルちゃん)

06/22/2022 水曜日
朝、2階に行くと。

タマちゃんもハンモックの中で寝ていました。

私はタマを心配するあまり(この子にはまだ早い。この子にはまだ無理)と思いがちな自分を深く反省。

タマちゃんは凄い潜在能力(ポテンシャル)の持ち主で。
タマちゃんを心配するのはタマちゃんに失礼なのだ!
タマちゃんは、私が思うより100倍凄い子なのだ!

とか思っている目の前で、ヒメちゃんがケージの外側を登って、CDラックにジャンプして飛び移りました。そこから窓枠に移り、お外を眺めてる。

「わーん、お姉ちゃんと同じトコに行きたいーーー!」とタマちゃんも負けじと空気清浄機の上に登り、清浄機から出る空気と闘うハメになり、「やだー何コレー!!」とミャウミャウ泣いています。

・・・・・う〜ん、今、凄い子だと思っていたケド・・・残念!

06/21/2022 火曜日
今朝のタマちゃんは巨大な良いうんこをしました。
身体が小さいのに大きなうんこ。

赤ちゃんの時はコロコロと丸まっちくて2頭身・3頭身。
丸い毛玉みたいなのに。

成長期に入るとグングン頭身が長くなってヒョロリとします。
タマ・ヒメ、ヒョロリ期に突入。

赤ちゃん期より食べなくなりました。
うちに来たばっかりの頃は(食べて寝るだけ期)。
食べたがるだけあげてくださいと医師が言うのであげてました。

今はもう満腹になると残します。
駆け回って走りまくった後、残したご飯を完食。
ちょこちょこ食べる、いわゆる「猫食い」ってヤツをするようになりました。

夜、西田屋さんがケージ内のハンモックの位置を高くしました。

登る運動が楽しくてたまらないヒメちゃんは、あっという間にハンモックの中。頑張れタマちゃん。

06/20/2022 月曜日
西田屋さんの出勤日。
買い物に出て、大量に猫のカリカリとトイレ砂。ひぃ〜重い。
帰宅して、掃除。
晩ご飯の準備が終わると、うわぁ〜もうこんな時間!

チビ達にご飯をあげて、トイレさせて、バレエレッスン。

9月の「お勉強会」のリハーサルが始まっています。
私は「リーズの結婚」から「リーズのVa」。
後ろに脚を出すアン・ボワテというステップに大先生は「猫がトイレで砂かけしてるんじゃないんだからーーー!変にこねないッ!」。

お友達に「後ろに出すとき、こねてた?」と聞くと。
「うん、こねてた」。

・・・・・・無自覚。猫のババ隠し。

チビ達は著しく成長。
今朝はヒメちゃんがスピーカーの天辺にいて驚いた!
お姉ちゃんを追いかけるタマちゃんも空気清浄機の上まで登れるようになっていました。

タテ移動が始まったチビチビ達・・・・目が離せなくなりました。


06/19/2022 日曜日
チビチビ達の目の色が変わりました。

赤ちゃんニャンコロリンは目の色が濃いブルーで、黒目の位置がどこだかわからない。どこを見ているかわからせない草食獣と同じなんですが。

赤ちゃんじゃなくなると、グレーやカッパーに変化して、最終的に黄緑色や黄色になります。

ベイビーズ・ブルーじゃなくなっちゃった。
もう、本当に赤ちゃんじゃないんだ。生後45日(たぶん)。
人間だったら4、5歳児。
「ひとりでできるもん!」なお年頃。

身体が大きかった黒ちゃん(現・ヒメちゃん)のカーテン登りが始まりました。

タマちゃんのポンポコリンに膨らんでいたお腹も少しずつしぼんできました。(まだ、ポンポコだケド)
良いうんこをムニムニ出すようになりました。
お腹がハゲで青い皮膚だったのが、お腹にもうっすらとオケケが生えてきて、肌の色もピンクになりました。

ウルちゃんには1日20回以上「可愛い!美人さん!」と言いながら撫でる大作戦を決行中です。

凄いスピードで走り回るチビチビ達。
ちぎって丸めた新聞に夢中です。(買ったおもちゃより、丸めた新聞紙で良いのが、なんか腹立たしいです。猫のオモチャとはそんなもんなのよねぇ〜)

06/18/2022 土曜日
夕方・5:30分。東京芸術劇場・池袋。
井上バレエ団の「バレエの潮流U〜ロマンティックからコンテンポラリーまで」を見ました。

めちゃ面白かった。

バリバリのブルノンヴィル作品。
島地保武・酒井はなのゴリゴリのコンテンポラリー作品。
石井竜一のクラシックバレエ作品。

会場に現在理事長をされている岡本佳津子先生をお見かけして、お声をかけて握手していただきました。うぉー感動〜〜〜〜。
お年を召してもお美しい〜〜〜〜〜。

生オケ、生ダンサー。やっぱり舞台を見るって楽しいなぁ〜。

このバレエ団、コール・ド・バレエ(群舞)が素晴らしいんです。暖かいものを感じるんです。良きバレエ団です。

ロイヤルチェンバーオーケストラの指揮者・井田勝大さんはひょうきん者でした。オケピから妖怪のように顔を出して客席に挨拶する姿が印象的でした。

06/17/2022 金曜日
朝・10:30 内分泌代謝内科

今まで月曜日に行っていたんですが。
2年間我慢しようとも思っていたんですが。

新しい担当医さんに我慢ができませんでしたーーーー!
いやぁ〜こんな事(担当医を変えて貰う)をしたのは、長い病院通いの中で初めてです。なんか、罪悪感も感じなくはないですが。

前回の新担当医のあまりの対応に、結構悩んで、知り合いの医療関係者や医師に愚痴をこぼしたら。

「あ〜それは変えた方がいいわ〜」と皆さんおっしゃいましたので。

「若くて、野心があって、ブイブイな時期ってあるからね〜。患者に揉まれていくうちに変わっていくんだよねぇ〜」というご意見に。

「そ〜なんだよね〜。それ、わかってるから我慢しょうと思ったんだケドさ〜。ババアになって我慢力がなくなってしまったよ〜」。

とほほ。私が逃げた若い医師に幸アレ!

つーワケで、かえて貰った担当医さんは、物静かな、まったりした感じの方でした。(血液検査の結果と薬を飲んでねと言われた3分間なので人となりはわかりませんが。)

バセドウ病、再燃にて、毎月通院です。

チビ猫・タマちゃんの手脚(全部脚だケド)がいきなりギュン!と、伸びました〜〜〜。

まるで「オタマジャクシの後ろ脚」みたいですよッ!
カエル好きな私は子供の頃、オタマジャクシを育てていて。

え?さっきまで、脚、生えてなかったじゃん!
いきなり、生えるのか!?と、驚いた事があるんですが、まさにそれです。

生まれて目が開いたばかりの仔猫には「まつげ」がないんですが。
コレもいきなりギュン!ドパッ!と、生えるんですよッ!
(多分、生えてる部分が肉か皮で覆われていて、目の周りが成長すると、いきなりギュン!ドパッ!になるんだろうと思う)

尻尾もいきなり伸びます。

・・・・・・ゆっくり、少しずつ、大きくなぁれ〜〜・・・・なんかじゃないッ!
いきなりデカくなる!ギュン!ニョキニョキ!

生きる時間軸がニンゲンと猫では違うんだと改めて実感中。

06/16/2022 木曜日
昨日の夜は、お風呂に入るのが面倒くさくなってしまったので。

本日・昼・入浴。
お昼に雑誌を読みながら入浴していると、西田屋さんがタマちゃんを風呂板の上に置いていきました。

「わ〜タマちゃん、お風呂場デビューだねぇ」と頭をかいぐりかいぐり撫でていると・・・・・。

そこにウルちゃん登場。

ええ、ウルちゃんは私がお風呂に入っているから、風呂板の上で和もうとやって来たんです。

まさかそこにタマちゃんがいるなどとは夢にも思わず。

「アタシ、来たよー」とウルちゃん。タマちゃんを撫でている私を目撃!

「アオウオア〜〜〜ブシャー・ガァー」(何、ココにいるんだよお前ーー)

ぎゃーウルちゃんがマジ切れしたーーー!

掌をパーにして爪剥き出しパンチ・パンチ!をタマちゃんと私にしました。

すかさず、西田屋さんがタマちゃんを救出。

私は浴槽の中、ウルルは風呂板の上から私を睨みながら「ブシュー・ブニャーー・ニャオオ〜・ウナァ〜」。

(アンタ、どぉーゆうつもりで、風呂場にアイツを連れ込んでんの?)と、ウルちゃん。

「ごめんなさい。私が連れ込んだんじゃないのよう〜。ウルちゃん、ごめんね〜」

ウルルに吐き捨てるように「ペイッ」と言われちゃいました。

時々ウルルちゃんは暴力団のヒトみたくなります。

お昼にお風呂場で起きた事件でした。
うちの猫は歴代どの子も私と一緒にお風呂場で和みます。
和もうと思ったら、ストレスの原因がいて、ウルルマジ切れ。

本当にごめんね、ウルちゃん。(プププ、内心大笑いしちゃったケド。猫が怒っている姿も飼い主には可愛くて、つい笑っちゃうんだよね)

06/15/2022 水曜日
西田屋さんは現在走っておりませんが、マラソン仲間と半年に1回ペースで飲み会をやっています。家飲み会。

私はこれを「ランナーズ飲み会」と呼んでいます。

夜8時、ラン仲間のH氏、M氏が登場。

現在、我が家での飲み会・ご飯会は2階でやるので、漏れなく仔猫も一緒です。

いい年のおっさんが黄色い声で「うひゃほぅ〜きゃわいい〜〜。くぅ〜。きゃわいいなぁ〜〜」と不気味な声を上げてチビチビ達を抱っこ。

床に下ろしたとたん、「オジサンのぼり」。ズダダダダとジーンズに爪を立てて駆け上るチビ達。

「うわぉ〜痛いッ!可愛いッ!イタタタ、可愛い〜。痛いッ!痛可愛い〜」

何だよ?イタカワイイって?

登ってくる仔猫を引っ剥がしながら「名言じゃん。痛可愛い!広辞苑に載せて欲しい」とか言ってました。

仔猫を眺めながら時折「可愛い・・・」とつぶやきながら酒を飲む客人に私は。

(猫カフェじゃなく、仔猫居酒屋・・・流行るんじゃねーか?)と、思いましたよ。

「うふ、きゃわいいなぁ〜」と、酒を飲む姿に(ココはなんか変な風俗店なんじゃねーのか?雰囲気がヤバイぞ、おい)。

つーか、若いお姉ちゃんがいなくても。
コロコロと走り回る仔猫ホステスでOKなんじゃん!

仔猫を肴に酒を飲むおっさんの姿がホラーでした。

「ヤバイ、俺、酔っ払った」と言って椅子から立ち上がり、ずーっと立ちっぱなしで仔猫を脚に張り付かせているH氏。

「なんで、立ってんの?」と聞くと。
「酔っ払ったので、椅子に座ると寝てしまうのが嫌なんで」。

眠らないために立ってるんだー。酔っ払いって面白いなぁ〜。
つーか、仔猫を眺めながら酒を飲む人も奇妙だが、おっさん達を可愛らしさで酔わす仔猫も魔性ですな。

大した会話もなかったケド、めちゃ面白い家飲み会でした。

06/14/2022 火曜日
西田屋さんは出勤日。
私は昼過ぎ・接骨院。

毎日、チビチビ達の世話をしているだけで1日が終わってしまうという、幸福なんだか、人としてダメなんだかわからない日々を送っています。

2019年7月4日午前12:40分。三毛猫・モルが逝って・・・・・。

「猫じまい」を考えましたが、猫に依存して生きて来た私には、「猫なし生活」で心を病みかけまして・・・・。

10月22日にウルルが来ました。

モルちゃん、ウルちゃんと三毛猫が続いたら、「三毛猫の館をつくりたい!」という変態な野望が生まれました。

その野望と共に「赤ちゃんニャンコロリンが欲しい」と言う気持ちもムクムク。でも、自分の年齢を考えて無理かな?とも思っていました。

三毛猫の館はさておき。
赤ちゃんニャンコロリンの夢は、突然叶いました。

「猫じまい」、どこいったーーー?逆向きに暴走しとるやん、ワシ。

私の夢。死ぬときは猫に看取られたい。ギリギリまで猫といたい。

犬猫がわんさかいる老人施設があればいいのに。
犬猫が好きな人なら知っている。

犬猫が健康長寿の秘訣だと。




TBOARD 006 Version 0.13
- TOSHISRUS -