△最近の日記をみる   △過去の日記をみる   △日記検索   ▲TOP


03/23/2017 木曜日
掃除・接骨院・バレエ。

無事に最後までレッスンを出られるのか?状態で。
レッスン前に黙々とストレッチ。

痛いトコがあると。頭じゃわかっていても身体が言うコトをきかないので、ヘンテコなコトが起きます。

アッサンブレ・ススーで、私だけ「大の字」にピョーンと跳ね上がってしまい。先生、ビックリ!「今のな・・・なな・・何?なんか凄いコトしませんでしたか?」「私にもわからないです!身体が勝手に動いたので・・・・」。

左に体重を乗せたくないあまりに、両脚で飛び上がっちゃえーと、肉体が判断した模様。

いやもう、恥ずかしすぎ。

私の列の全員が「一体何事ー!???」「なんで、モコちゃんのバー側の脚が見えてんのー?」だったらしい。(私はバーの右端先頭の位置にいます)

左に体重移動させないでよー!と、反発する肉体と闘うだけで必死でした。

振り渡し。踊りを覚えるどころじゃありませんでした。とほほ。
(動画を撮ったから、家で復習だわ)

03/22/2017 水曜日
夕方まで作業して接骨院。その後、体育館のストレッチルームで自力リハビリ。

地味です。独りぼっちでストレッチ。(つまらん)
ミゲルのラテンクラスもお休みしました。

ミゲルに「なんでー?」と日本語で聞かれたので「調子悪いー怪我だよ」と言ったケド、通じたかは不明。

バレエでもラテンでもNO.1で上手な70代ダンスおば様が、来月「足首の手術」。

「長年に渡って、悪いのを放置してたら骨が変形しちゃって」と見せてくれた足首は。

悪い部位を保護しようとカルシウムが付着するのか?
太くなっていました。
「骨切りの手術になるから、1ヶ月〜3ヶ月入院で、1年リハビリなんだってさ〜〜」。

ダンスおば様。凄いんですよスタイルが!
後ろ姿は2、30代にしか見えないの。マジで。
普通70代になれば、どーしても、ホネホネ・スジスジするものですが、ピチピチ感ハンパない。お尻とかプリッと可愛いの。

いるんだ。こぉーゆうヒトもいるんだー!と驚愕しましたよ。

ああ、だけど、そんな足首になっていたとは・・・・。

踊る身体に戻るために手術を決意したのも凄いです。

「来週が最後のレッスンになるから、来てね〜」と声をかけられたので、行かねば!
「手術は4月7日なの、成功を祈ってねー」。祈りますとも!

「退院して、歩けるようになったら体育館に顔を出してくださいよー松葉杖でも!」と私が言うと。

「オッケー!松葉杖で踊るよー」。

・・・・・いや、それはやめて・・・・。
それにしてもダンスおば様、一体何者なのだろう?
なんか、舞台人の匂いがするんだよなー。趣味で踊ってきたヒトの踊りじゃないもの。

03/21/2017 火曜日
夕方まで作業して接骨院。

悩ましい股関節なんですが、本日は上半身を診てもらいました。
首・肩・背中バッキバキ!

いやもうマジで、施術中「バキ」とか「ペキ」とか「ポキ・コキ」と音がしまして。

「ヤバイです。しっかり肩胛骨を動かす運動してください」と言われてしまいました。

肩胛骨か〜。凝り固まって動かなくなる部位なんだよなぁ〜。
でも、この肩胛骨を動かさないまま放置すると・・・・・二の腕が太くなる。ゴム・チューブ出動だな。

これは私の想像ですが、股関節崩壊の原因は大腿四頭筋の使いすぎなんじゃないかと思い始めています。
もともと、この筋肉が私は発達していて、腹筋をするにもバレエをするにも1番最初に動き始めてしまう。

コレ、筋肉の使い方が間違っているお手本です。(と、わかっていてもどーにもならずに放置していた極太ふともも)

いかに前太ももの筋肉を使わずに他の部位を鍛えるか?

脚の筋肉を緩めるコンディショニングと、大腿四頭筋を使わない筋トレ。試してみる価値はありそうです。


03/20/2017 月曜日
うちのハードディスクが大変です!
NHK・BSでやるバレエのせいなんですが。録画枠が4時間とられます。2作品やるなら、放送時間を分けてくれればいいのに・・・・。

焼いて見てないブルーレイの山。
録画して見ないまま焼くのをやめなければ!ディスクも高いんだし。

趣味でバレエをやっている人には2タイプあります。

自分が動くのが好きなだけで、全くバレエを観ない人と。
見るのもレッスンも大好きなバレエオタク。

驚くべきコトに、前者のほうが多いです。

発表会で「パリの炎」を踊る子に「お!フランス革命だね」と声をかけたら「そーなんですか?」。

「アンタ、自分が踊る曲の意味、知らないの?」と言うと。
「衣装で選んだから。えへ。リボン可愛いかな〜って」。

ええ、ええ、何も知らなくてもこの子は上手に踊りましたよ!おまけに美人で可愛かったよ!腹立つわ〜〜〜。

そーいえば、ここ数年、お気に入りの絵本作家の人がいまして。
彼の展覧会の絵を見て「パンクロックお好きなんですか?」と言ったら。「聞いたコトはないんですケド、カッコイイかな〜と思って描きました」。

ええ、ええ、何も知らなくても英国パンクロックファッションの絵になってましたよ!お上手ですよ。腹立つわ〜〜。

おばさんモコは最近よく思います。
「そんなもんなんだよなぁ〜〜。世間なんて、そんなもんなんだよ。・・・・なんか寂しい。」

もうちっと勉強しとけよッ!と叫んでも詮無いコトなのでした。

03/19/2017 日曜日
デスクワーク。

1歩進んで2歩下がるような仕事の進行状態に、焦ります。
(う〜〜ん、終わるのだろうか?)

「焦り」というヤツは気持ちを閉じ込めてしまう。

遊びたいだとか、気分転換だとかを「今、そんなコトしている場合じゃないだろう」と、外出させなくします。

経済的にも貧乏なので、「外に出たら金使うし」。

で、ますます引きこもる。

引きこもっていても、遊びたい心は大きくなるので、家の中でTV見たり、映画見たり、本読んだり・・・・・でもあまり有意義なストレス解消にはなりません。

「焦り」は心を腐らせる。
しかし、人間は「焦る」から頑張る、行動する。

・・・・・などと考え込む時間があれば、原稿描けよ!なのでした。

03/18/2017 土曜日
世間は3連休らしいですね・・・・。

洗濯。そしてデスクワーク。息抜きに風呂掃除。

「今年は花粉症がラク〜」と言う人がいる一方で。
「なんなの〜〜ギェ〜〜全身痒い〜!」と大騒ぎな人々もいます。

はい、私は後者です。
もう、これは花粉で刺激された全身アレルギー。鼻水・くしゃみは大したコトなくて、とにかく痒い!

まぶた・フェイスライン・首・鎖骨のあたり。そして、脚まで。

まぁ、疲れがたまると蕁麻疹を大爆発させる体質の方々に比べれば、全然大したコトないんですが。

痒いとか。お肌ゴワゴワとか。
硬くなって痛い筋肉・関節とか。

ババア一直線な感じ?
50代ボディから60代ボディに移行する間に起こるひきこもごも。

肉体は、こうして小さく些末な問題を勃発させながら加齢していくものなのね・・・・を実感中です。

03/17/2017 金曜日
美容院。
どーにもこーにもシラガが凄くて、白髪染め。
夕方、接骨院。

本日はもうデスクワークはしないと決めまして。ゴロゴロしながら映画鑑賞。

アマゾンのfireTVに入ってたアニメ映画「サカサマのパティマ」を見ました。

ワケわからんつまらなさに暴れ出しそうになりました。
いや〜最近NHK・BSでやってた「龍の歯医者」も酷いアニメで暴れましたが。

ダメだ〜このままでは私の脳が欲求不満だ〜〜!口直ししなくては〜〜〜。

何か、楽しそうなヤツ、ないか?
見たら幸せになる映画が良いぞ!

「ヘアスプレー」 2007年アメリカ を見ました。

見逃してたミュージカル映画。

うぉ〜〜〜〜楽しい〜素晴らしい〜歌って踊れるデブ最高!
可愛いデブ娘です(ライザ・ミネリに似ている)。ママもデブです。(特殊メイクのジョン・トラボルタでした)
パパはデブ好きオタクです。で、その役をクリストファー・ウォーケンが演じています・・・・・。首なし騎士にしか見えない・・・なんか怖い。楽しい映画ですが1960年代のボルチモアでの人種差別運動も出て来ます。黒人デモ行進に白人として混ざるデブ母娘。

やはり、口直しにはミュージカル映画ですな。

03/16/2017 木曜日
嘘みたいに股関節の痛みが引きました。わーい歩ける〜!

モーラステープ・・・スゲェ。

しかし、鎮痛消炎剤という薬の力を借りているワケで・・・・。

無理しちゃダメだぞ私。

夕方、接骨院。
昨日と様子が変わらないようだったら鍼を打つ予定だった院長も。
「あ、昨日より、硬さがとれてる。コレだったら鍼じゃなくてもいいかも」と、手技でした。

それにしても謎です。
運動してないのに壊れるなんて・・・・。

中高年ボディとは、こぉゆうものなのだろうか?

運動しても壊れるし、しなくても壊れる。そして、どんどこ勝手に筋肉が痩せて硬くなる・・・・。

今、私が欲しいもの。それはプヨプヨの柔らか〜〜い筋肉。
力を抜けば赤ちゃんのほっぺのように柔らかく。
力を入れれば鋼のように硬くなる、そんな強くて新鮮な筋肉が欲
しい・・・ものです。

03/15/2017 水曜日
身に覚えはないまま・・・股関節崩壊!?と、言いたくなるホドの激痛。

夕方までデスクワークはしたものの、マジ座ってらんねぇ〜。

びっこをひきながら接骨院。

先生も首をかしげるばかり。でも、内転筋がヤバイぐらいに硬くなってるそうだから(長年のバレエのせいなのかなぁ〜?)

あえて病名をつけるなら「大腿筋膜張筋炎?・・・かな?」とか言う院長に。

「いや、あえて名前なんかつけなくていいから、とにかく痛いのよー!歩けないのよー!やばいでしょ?コレ!なんでこんなに痛いのぉ〜〜〜」と、ジタバタすると。

私の脚を施術しながら「痛いから硬くなるのか?硬いから痛くなるのか?」と、つぶやく院長。

そんな、鶏が先か卵が先かみたいなコトを〜〜〜・・・・・。

しかし、院長のこのつぶやきは、何かヒントをもらったような気がしました。

「ねぇ、ねぇ、コレ。冷やすべき?温めるべき?」と質問したら。

「入浴して、痛みが軽くなったら温めてください」と、わかりやすい答えが返ってきました。

「モーラステープを貼るのはあり?」と質問すると。
「う〜ん、これは・・・ありですね」。股関節周りにアプローチするテープの貼り方を教わりました。

帰宅して入浴したら少し痛みが薄れました!よっしゃーモノは試しだ!モーラステープを貼ってみよう。

明日はバレエの振り渡しがあるのよ〜〜。休むワケにはいかないのよ〜。最悪、行くだけ行って見学しつつ、振り渡しの動画を撮るコトも考えておこう。

寝返りも打てない痛さです。・・・・・困った。

03/14/2017 火曜日
デスク・ワーク。
股関節がヤバイ。痛くて座ってられないホドです。

今週から勉強会の振り渡しが始まるのにぃ〜。
「眠れる森の美女」のフロリナ姫のヴァリエーション。
そして、いまだに謎の「ジゼルの2幕」からのジゼルのヴァリエーション。

フロリナ姫の衣装は青いクラシック・チュチュです。
自分の容姿だとか、年齢だとか、お構いなしサ。それがバレエおばさんの生きる道。青い鳥おばさん。

ジゼルの衣装はスカート丈が長いロマンティック・チュチュ。
村娘のジゼルは死んで死霊になるの・・・・私が着ると「御陀仏おばさん」みたいになるケドな。

衣装で選ぶのか?踊りで選ぶのか?
どちらにしろ2曲のうち1曲は選ばなくてはなりません。う〜悩む〜。

03/13/2017 月曜日
HPの更新をしていたら半日終わっていました・・・・。

今時、ホーム・ページを作ってる人もいないよな。
もっと簡単で、派手に楽しくブログをやっている人のほうが多いし。

こんな文字だらけのHPの日記を読んでくれる人がいるなんて。
恐縮です。感謝です。

現在、私の生活は地味〜〜〜。

03/12/2017 日曜日
デスクワーク。

夜、先週録画した映画を見ました。

「レヴェナント 蘇りし者」 2015年・アメリカ
ディカプリオが去年のアカデミー賞・主演男優賞を取ったヤツ。

私の中でレオナルド・ディカプリオという役者の評価はむちゃくちゃ高いんですが・・・・なぜか世の中は彼をアイドル役者だと思っている人が多くて、ちょっと悲しい。

「ギルバート・グレイブ」(1993年)で、レオ様の役は精神薄弱、知恵遅れの少年ですよッ!これが、凄いんだわ。・・・・ま、主役がジョニー・デップだったから、みんなそっちに注目しちゃったケドさ。ちなみにこの映画でアカデミー賞候補にはなってた。

「クイック&デッド」(1995年) 90年代西部劇の傑作だと思うが、そう思う人は少ない。

「仮面の男」(1998年)も凄かった。1人2役。

つーワケで私はレオ様好きです。
レオ様、童顔のくせに、むちゃくちゃデカくてブキミです。

そんな、デカくてブキミなレオ様。
「よーやく、俺の高身長を活かせる役が来たぜー」と、叫びはしなかったと思いますが、見ていた私は叫びました!

うおぉぉぉぉ〜〜〜レオ様、汚い!血まみれ!死にぞこない!臭そうなオヤジ〜〜〜〜。

この映画。のっけからレオ様が死にかけます。
死にかけたまま、どこまでも生き続ける恐ろしい映画です。

息子の復讐をするまでは、ゼッテー死なない執念パパの物語。

怖い映画でした。

03/11/2017 土曜日
デスクワーク。
書くこともないので、デブ三毛猫モルちゃんのコトなど。

人間ならばスペクトラム症候群な学習障害と言われるのではないか?と思われる「変な猫」モルは・・・・・。

私には決して目線を合わせません!つーか完全シカトです。こっちを見ようともしない有様。

なのに西田屋さんが「モルー」と呼ぶと可愛い顔でガン見します!

「いいなぁ〜〜モルに見つめられて〜羨ましい」

「でも、オレよりアンタのほうがモルと仲良しじゃん」
「ん〜〜家の中でいつも一緒だし、ご飯くれるヒトだからだよー」

ごはんをくれる奴隷、オモチャだと思われている私。

夜中、モルに「ネズミさんチョロチョロ、やってー」と強要されます。

この遊び、布団に入った私が、指だけ出してネズミのしっぽ役をやるのですが・・・・・指が大変なコトになります。血〜〜〜。

モル、すげーしつこい猫です。
「もっとやってー」「もーヤダ!指がボロボロじゃん!」
「もっとやってよー」パシパシパシ!(私の顔をはたく)

「なんでアンタは、そう何もかも暴力で解決しょうとするのー!もうヤダーーー!」

・・・・・猫を相手にマジ切れです。「もう、嫌いッ!」。
プイッと布団を被って「く」の字になって眠ってしまうと。

明け方、背中を猫に押されて目覚めました。

「く」の字に横向きで寝ている私の背中に両前脚を当てて寝ているモル。伸びをするのに私が邪魔らしい。(うーん、背中、邪魔ーどいてよー)

モル、自分から布団に潜ってこられるんじゃん!

「布団に入れてーやっぱ嘘ー」という遊びもやる猫なので、自分から布団に潜るコトは今までありませんでした。

布団に入って眠りたい場合。私が気づくまで枕元で私をガン見です。凄いです。彼女の忍耐力は。(お腹が空いた場合はほっぺたをはたくのでスグわかる)

枕元では私をガン見するクセに、普段、明るいとこでは目線をそらすってどぉーゆうコト???

先週、今週とNHKドラマ「奇跡の人」の再放送を見ています。

本気モードの馬鹿な男と視聴覚障害の少女のお話。
なぜか、私とモルにも重なって見えました。

03/10/2017 金曜日
午後、バレエ仲間かずちゃんが顔をだしました。

私とかずちゃんは行っている教室が違います。

「昨日、勉強会の曲が発表になったんだケドさー、ジゼルの2幕で初心者が踊れるヴァリエーションなんかあったっけー?」と私。

二人でDVDを見てみましたが、わかりませんでした。

ココかも?と思う踊りは2つ見つけたケド。

まぁ、来週行けばわかるから慌てなくてもいいか!

それよりも確認のために見ていたオランダ国立バレエの「ジゼル」が素晴らしくて、今頃驚きました。

夕方、接骨院。
段々と左股関節の痛みの原因がわかってきました。
もも裏ハムと内転筋!

ああ・・・またか。前にもやってるじゃん、ココ。

身体的に全くバレエに向かない股関節なのに、バレエをやってるから起きる故障。

問題は、残念な身体のクセしてバレエが好きってコトですな。

「偉大なるマルグリット」みたいです。音痴なオペラ歌手!

はたから見ればそれは「せつない」。
でも本人は幸せだから、それでいいの。

TBOARD 006 Version 0.13
- TOSHISRUS -